印象に残るデザイン名刺の作り方

名刺は、だいたい55mm×91mmという小さな規格で作られるビジネスツールです。そこに個性的な装飾を詰め込んだデザイン名刺の登場で、名刺の世界は大きな変革期を迎えました。名刺はもはやビジネスシーンでだけ活躍するものではなく、プライベートなシーンでも頻繁に顔を出す自己紹介ツールへと変貌を遂げたのです。これによって、名刺はますます多様な変化を見せてゆくでしょう。また、それだけに他者の個性に埋没しない印象に残るデザインの考案は、誰にとっても大きな課題となるに違いありません。限られたスペースの中で自分の個性を最大限に表現するには、どのような手段があるのかを知ることが大切です。現在使いうるあらゆる手段を考慮して、他者と差をつける印象に残るデザイン名刺を手に入れましょう。

ハードの部分で差をつける名刺の作り方

前述したように、名刺というのは非常に小さな限られたスペースに自分の情報を記載して相手に伝えるツールです。限りなく個性を詰め込もうとすれば、55mm×91mmという紙面は非常に小さいものですが、ここを堅守しなければ、それは名刺とは呼べない代物になってしまいます。逆に言うと、それをきちんと堅守しておけば何をやっても自由と言うことができますね。従って、現代のデザイン名刺においては様々な素材を使う例が見られるようになってきました。例えば印刷する紙を木材やスケルトン素材のプラスチック、金属のプレートや、レザー、布と言った素材にする方法です。また、インクを金箔の箔押しにしたり、キラキラのラメにしたりという方法でも、効果的に目立つことができるでしょう。印象に残るデザイン名刺には、まずハード面から特徴的な素材を使う方法があることを知っておきましょう。

ソフト面で差をつけるにはセンスが重要

ハード部分で印象に残るデザイン名刺を作成する場合、少し経費がかさんでしまうケースもしばしばです。あまり予算がない時は残るソフト部分、つまりデザイン面で印象に残る名刺作成を心がけましょう。しかし、これには高度なセンスが要求されることになります。できればコンセプトを伝えた上でプロのデザイナーの手を借りるのがもっとも費用対効果を高められる方法ですが、それが叶わない場合は、印刷業者などで提供されている素材やテンプレートを自分で組み合わせてデザインする方法もあります。今は性能のいいフリーウェアもたくさん出ていますから、そういったソフトを使用して、世界にひとつしかない自分の名刺をデザインするのも面白いでしょうね。撮影した写真や似顔絵、版権の心配がない名画を使用した名刺なども個性を演出するデザイン名刺として広く流通しているようです。機能性を失わない範囲で、思い切ったデザインを楽しみましょう。