デザイン名刺の失敗例や成功例のまとめ

ビジネスにおけるツールも多様化する現代、名刺もまたその例外ではありません。本来は自らの所属や肩書、必要な情報などが明記されているだけで良いはずのカードが、企業によって、人によって、様々な個性を帯び始めています。そのような流れからか、今、名刺はビジネスシーンだけではなく、特に組織に属していない方がプライベートの場で使用するという風潮も高まっているのだとか。こういった場で使用される名刺となると、組織や団体のイメージ戦略という制限を受けないぶんだけ、一層個性的なデザインが重視されるようになります。印刷業者も個性的なテンプレートを揃え、競い合うようにデザイン名刺の市場に乗り出しています。一目見た瞬間に強烈な印象を与えるデザイン名刺の作成は、今後も更なる多様化・需要拡大が期待できそうな分野ですね。

イメージを下げるデザイン名刺の失敗例

デザイン名刺が多様化し、強烈な個性を帯びるにつれ、些か失敗と思われる例を目にする機会も増えてきました。経費節減のために手作りした結果、どこからどう見てもお金をかけていないことが丸わかりの貧相なデザインになっていたり、個性を重視するあまりに名刺本来の機能が果たされていなかったり、独り善がりの感性でコンセプトがめちゃくちゃになっていたり。本来名刺は、ビジネスの場で自分という人間を売り込むための大切な営業用ツールです。しかし、安心感や信頼感が求められる企業に属していながら、例えばミステリアスな雰囲気を醸す黒の台紙に紫の文字の名刺が出てきたら、お客様はどのような印象を抱くでしょうか。また、いざ頂いた名刺を見て文書を送付しようと思っても、オシャレなフォントにこだわりすぎて可読性が失われている例などもあります。このように、失敗の多くは自分の名刺を客観視できていないという事態から発生する傾向にあります。

好感度の高いデザイン名刺を作成するには

こうして考えてみると、ビジネス名刺の成功例は、失敗例の対極に位置するスタイルのものであると言うこともできるでしょう。つまり、適度にお金をかけていて、名刺本来の機能を過不足なく果たし、押しつけがましい個性の主張よりも、そこはかとないセンスが光るものといった具合です。大変シンプルなことですが、いざデザイン名刺として自分で作成しようとすると、頭を悩ませてしまう条件でもありますね。とにかく個性と機能性のバランスを重視しなければならないのは、服やオシャレなどと同じこと、どちらが成り立っていなくても相手に微妙な印象を与えてしまうと思えば、それほど難しいことではありません。どうしても自分でデザインを決められない場合は、多くの実績を持つ名刺デザイナーが作成を手掛けてくれる専門業者がネットには無数に存在しますから、素直にそういったところに頼るのも有効な手段と言えるのではないでしょうか。